• ブログ

    トップ > コラム > カラダはなぜニオう?ニオイQ&A

    なぜニオう?ニオイQ&A

    なぜニオう?ニオイQ&A

    ニオうカラダの場所とは?

    ニオうカラダの場所とは? ニオうカラダの場所とは? 働く女性が気になる、カラダのニオイはどこ?働く女性が気になる、カラダのニオイはどこ?シャワーやお風呂には、ほぼ毎日入っているのに、次の日の午後から夕方にはどうしても気になる! という答えが圧倒的に多い部分は、ワキ、足、陰部でした。 また、シーン別で気になると感じる瞬間があるようです! 汗の出口には3つの腺があります。
    腺の種類腺のある場所ニオイがする場合
    エクリン腺全身のいたるところに分布。または足の裏や指の間からもかく汗で、99%以上が水分なのでサラッとしています。もともとニオイを発生させない腺ですが、ムレたとき、常在菌によりニオイが発生。さらに緊張やストレスでバクテリアが増殖します。
    アポクリン腺ワキ、耳の外耳道、乳輪、デリケートゾーンなどの皮膚全体の中でも、決まった部分にしかない汗。栄養分を含んで粘り気があります。細菌によって分解されると、きついニオイに変化しやすい。このアポクリン腺からでる汗に含まれるさまざまな分泌物により、皮膚の常在菌が繁殖しやすくニオイの原因となります。
    皮脂腺体の場所によって、皮脂腺が発達しているところと、していないところがあります。毛穴を通して皮脂を分泌します。食事内容のニオイがでやすい腺でもあります。

    汗の出口には3つの腺があります。 良い汗と悪い汗の特徴とは? 良い汗と悪い汗の特徴とは?良い汗の特徴は、サラサラしていて、すぐに乾いて、臭いもしません。 なぜかというと良い汗は、蒸発しやすく、少量の塩分を含んでいるため、皮膚表面を酸性に保ち、菌の繁殖をおさえてくれるのです。 反対に、悪い汗はベタベタしていて、蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ化にしてしまいます。 すると、菌が繁殖しやすいので、汗の臭いが強くなってしまうのです。
    良い汗と悪い汗の特徴とは?
    ニオうカラダの場所とは?


    トップへ » コラム » なぜニオう?ニオイQ&A