生理の時、腰痛や腹痛に悩まされる女性は多いですよね。そんなとき、痛み止めを飲んで対応している人も多いことでしょう。ここでは、生理の時に取り入れて欲しい「温活」についてご紹介します。

  • ブログ

    トップ > コラム > あなたの生理痛は「温活」が解決!痛みの原因と温活の効果を紹介

    生理の痛みを解消する「温活」とは

    生理の時、腰痛や腹痛に悩まされる女性は多いですよね。そんなとき、痛み止めを飲んで対応している人も多いことでしょう。ここでは、生理の時に取り入れて欲しい「温活」についてご紹介します。

    生理痛はどうして起こる?

    女性にとって悩ましい生理中の腰痛や腹痛。どうして痛むのか、そのメカニズムを知っていますか?

    ■分泌される「プロスタグランジン」が原因に
    生理前から生理中にかけて、女性の身体には「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。

    この物質は、子宮を収縮させて経血を排出する働きを持っています。生理は次の妊娠への準備でもありますから、この働きには納得する人も多いでしょう。

    この物質が過剰に分泌されると、子宮が急激に収縮させられるので、陣痛のように激しく痛みます。この物質は「痛み」を強く感じさせる働きがあるので、頭痛、腰痛、肩こりなどを、さらに強調してしまいます。

       

    ■子宮口が小さい
    出産を経験していない女性は、子宮の入口が狭いといいます。経血が中に溜まってスムーズに排出されないと、痛みを感じることがあります。

       

    ■身体の冷え
    身体が冷えると、血液の循環が悪くなります。すると、プロスタグランジンが骨盤内に長くとどまってしまい、痛みを感じやすくなります。ストレスや運動不足の人は、より、注意しなければなりません。

    子宮も「温活」が必要?

    生理痛が重い人は、子宮を温める「子宮温活」を始めましょう。子宮周りの血行が良くなり、痛みのもととなるプロスタグランジンの分泌がゆるやかに。痛みを感じにくくなるのです。

    <子宮温活の方法>
    子宮温活をするなら、以下の方法を試してみてください。
    ●入浴、カイロ、腹巻きなどで、身体の外から温める
    ●骨盤周りを動かすウォーキングやストレッチを取り入れる
    ●布ナプキンなどで、子宮が冷えにくいようにする
    ●食べ物や飲み物は、温かいものを選ぶ

    生理前や生理中は、とにかく身体を温めるようにしましょう。薄い下着やスカートでは、子宮が冷えやすい状態になるので、布ナプキンなどで子宮を保温することも、温活には有効です。

    あなたも、もしかしたら冷えているかも?

    女性の中には、自分が冷えている自覚のない人も多いもの。以下のような人は、子宮が冷えている可能性がありますので、注意してください。

    <子宮が冷えている人の特徴>
    ●仰向けに寝ると、恥骨が出ている
    ●子宮のあたりの腹に触れるとひんやりしている
    ●生理がダラダラと長引く

    以上のような状態が見られる人は、要注意です。自覚はなくても冷えている可能性がありますので、気をつけましょう。

    子宮が冷えているかどうかは、直接触って確かめることはありませんよね?そのため、生理痛の原因が「冷え」ということに気づきにくい人もいるのです。あまりに生理が重い場合は、医師に相談することも忘れないようにしてくださいね。