• ブログ

    トップ > コラム > 靴下、よもぎ蒸し…冷え対策に使えるアイテムとその効果

    靴下、よもぎ蒸し…冷え対策に使えるアイテムとその効果

    あなたは「冷え対策」をしていますか?女性は男性に比べて、体が冷えやすいと言われています。何にもしていないと、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまっているかも!ここでは、取り入れてみたい冷えとり法をご紹介します。

    冷えに有効な対策法を検証!

    女性にとって、冷えは大敵!女性ホルモンのバランスが悪くなるので、婦人病の悪化だけでなく、頭痛や腹痛、肌トラブルなど、あらゆる体の不調につながります。

    ■こんな人は特に対策が必要
    自分は特に不調を感じていないという人も、実は体は冷えの悪影響を受けている場合もあります。不調が通常ということもありますので、以下にあてはまる人は、何らかの冷え対策を、冷えを感じていなくてもしてみることをすすめます。

    ●デスクワーク中心の生活
    ●特に運動をしていない
    ●冷たい飲み物や食べ物が好き
    ●生理が重い
    ●肌荒れが気になる
    ●便秘気味

    自分に当てはまるものはありませんか?当てはまる人は、今現在、何らかの冷えの影響を受けているかもしれませんよ!

    重ね履きで温める「冷えとり靴下」

    ここでは冷えとり靴下の効果をご紹介します。

    ■天然素材の靴下で冷えを解消
    靴下を4枚重ねて履くことで冷えを取るという冷えとり靴下。この商品は、2つの天然素材の靴下を、交互に重ね履くことで冷えを取るというものです。

    絹、綿、絹、綿の順番で重ね履きするだけで、半身浴のような状態を作り、体をポカポカと温めてくれます。入浴後の体が温まっている時にはくと、靴下が入浴状態を保ってくれて、体の冷えがとれるのだとか。1枚目に絹を履くのは、汗の吸水に優れているからだそうです。

    この時、綿の靴下は麻やウールでもいいですが、天然素材で化学繊維を使っていないものを選ぶようにしましょう。絹はデトックス効果も高めるので、冷えとりだけでなく、ダイエットをしている人にも履くことをおすすめします。

    ■靴下を履くデメリットも
    この方法にはデメリットもあるので注意しましょう。靴下が熱を保持するので、体が自らエネルギーを燃やして熱を作り出す力を弱めてしまうそうです。

    必ず運動やストレッチなどをして、エネルギーを燃やす活動も合わせて行うことを、欠かさないようにしてください。また、冷えを取ることで体調が改善する課程で、「好転反応」という副作用の眠気などが現れる場合もあります。無理をせずに行ってください。

    よもぎ蒸しは美容やダイエットにも効果的

    次にご紹介したいのは、韓国で生まれたよもぎ蒸しです。サロンなどの多くでは、穴の空いた椅子に座り、その開いた穴から蒸気をあてて行います。骨盤内の血流がアップと発汗作用で、体の芯から冷えを取ることができます。

    ■薬草の効果で血行促進
    このよもぎ蒸しは、よもぎなどの薬草や漢方を煮立たせた蒸気を使用します。そのため、子宮につながる膣粘膜から直接漢方などのエキスが吸収できるので、婦人病でお悩みの方にも、効果があるそうです。

    主に使われるよもぎには、血行促進、殺菌浄化などの効果もありますので、蒸気の温熱効果と、よもぎの血行促進をダブルで受けられます。

    なんとなく厚着をしたり、なんとなく温かいものを食べたり。それももちろん効果はあるのですが、さらに冷えとりをしたいなら、冷えとり靴下やよもぎ蒸しなどを取り入れてもいいでしょう。